朝のサラダ

Pocket

我が家の一日は三匹の子供達にサラダをあげることから始まります。

私は早起きで大体5時には活動を開始していますが、執筆活動や相談メールの返信などで就寝が遅くなるともう少しゆっくりしたいときもありますが、末っ子のシンバが寝ている私のベッドの上に飛び乗ってきて 『ニャー(お腹が空いたよ〕』 と督促されます。

写真は子供達に毎朝上げるサラダ〔猫草)なのですが、私の手作りサラダです。

以前は自宅から徒歩で15分ぐらいのところにあるホームセンターで買っていましたが、3日に一度ぐらいは買いに行かねばならないので自分で栽培することにしました。

しかし、結構難しいんですよね。

ホームセンターの係りの人に聞いても

『あれは、なかなか発芽しないんですよね』

などと平気で言う始末です。

以前の私なら、

『それなら不良品ではないですか?』

と苦言の一つでも呈していたと思いますが、大分人間がなれてきたのか

『だれか、詳しい方いませんかね?』

と聞くと、

『誰もよく知らないんですよね』

と。

『真面目に商品を売る気があるの?』

と思いつつも口には出さず、

『自社で売っているものは内容を知らないとお客さんが困りますよ』

とだけ言ってその場をさりましたが、こういうところでも社員教育もさることながら、社員自身のプロとしての自覚の無さに首をかしげました。

その社員のみならず何人かの社員にも同じ質問をしても大同小異の答えしか返ってこないので、自分で研究を重ねることにして漸く栽培に成功しました。

結構猫好きの人に聞いていも、皆ホームセンターやフラワーショップで買っていて自分で栽培している人って意外といないものなのですね。

まだ、安定的には栽培出来ず、三人に平等に分け与えられるように三つずつ作ることがこれまた平均的に出来ずに苦労しています(笑)

でも、三匹の子供達が手作りのサラダを食べているのを見るととても満ちたりた気持ちになります。

サラダが終わったら、次は朝食です。缶詰を平等に分け与えてから自分のことを開始しますが、娘と息子が小さかった頃は、私は海外を行き来する生活に追われていましたので、殆どの日常的な子育ては家内に任せていました。

その分、今子供達に手作りのサラダを食べさすことを楽しみの一つにしています。

しかし、この面倒くささは自分のためなら絶対に栽培しないでしょうね(笑)

1959年にリリースされたフランスのフルーツサラダの歌。この歌は日本では1960年代の初めにペギー葉山によってヒットした曲ですが、ご存知の方は余りいらっしゃらないかも知れませんね(^^)

http://www.youtube.com/watch?v=VOP0jDBlBys

都倉 亮 について

1953年生まれ。幼少の頃11年ドイツで過ごし、アメリカンスクールに学ぶ。慶大卒後三井物産に13年勤務。その後会社経営を経て現在執筆を中心に活動。日本の素晴らしい面、世界基準に変えねばならない面を長年の海外生活で培った目で発信して行きたいと思います。
カテゴリー: 日記 タグ: パーマリンク

朝のサラダ への6件のフィードバック

  1. あぷちー のコメント:
    今日の夜(あっ、もう昨夜ですが),お話を聞かせていただいたものです。
    本当にありがとうございました!
    名刺を持っておらず、あのようなもので失礼致しました。
    お話の内容を知らずに伺いましたので、お話の途中から驚きと感動の連続でした。
    こういう言い方はきっとお嫌だと思いますが、やはり「美しいまでのつよさ」を感じずにはいられません。

    この歌、一度か二度ですが聞いたことがあります。
    どなたが歌ったのかは覚えていませんが。。。

    ブログの猫草は、私も以前作っていました。
    あまり難しかった記憶はないので、違う種類かも知れません。
    といいましても猫のためではなく、うさぎのためでした。
    「でした」と過去形になるのが悲しいです。
    メインのお食事の前にお父様お手製のサラダを「召し上がる」のですね、グルメちゃんたち。
    「末っ子のシンバ」ちゃんに起こしてもらう朝。。。夢のような日々!
  2. 竹口 美津穂 のコメント:
    私も、 小さい時から、朝が一番だいすきでした。
    とても爽やかな「朝のサラダ」のお話に心が響き合います。 以前、スエーデン社会研究会で学んだこともございました。 仕事でヨーロッパやアメリカに滞在したこともあります。
    日本の社会の諸々のことで、国際的水準に近づいて欲しいと痛感しておりましたので、共感を深くしております。 SSA の活動は希望の星です。
    著書「諦めない生き方」 早速、読ませていただきます。
    喜びと共に
    • 都倉 亮 のコメント:
      コメント有り難うございました。

      SSAの発足記念式典が明日行われますがその模様はUsreamでご覧いただけます。

      お時間がございましたら下記URLでご覧下さい。

      http://www.ustream.tv/channel/ssachannel
    • 都倉 亮 のコメント:
      ご返信が遅れ大変失礼申し上げました。

      11月分の私のブログに対するコメントが上手く反映されていませんでした。

      本日のブログに書きました通り明日から入院しますので、取り急ぎお詫びと要用のみ申し上げます。
  3. 初芝 幹子 のコメント:
    都倉 亮 様
    初めてメールをさせて頂きますが 私は番町小、麹町中で ご一緒でした初芝幹子と申します。覚えていらっしゃいますでしょうか? お久しぶりです。45年ぶりでしょうか?

    先日 朝日新聞の日野原先生の記事中に都倉さんの関連記事を拝見致しましたので検索してみた次第です。大変な御病気されたのですね・・・。まだ書店さんには行っておりませんが現在は御元気になられて御活躍とのこと、良かったですね。

    お忙しい日々だとは存じますが 今後 番町小のクラス会 いらっしゃいませんか? 
    後藤田君、坂口君、大橋君、乙幡君、鴨野君、New yorkの東條君も参加可能の時は出席します。 矢萩さん、恵藤さん、安井さん、桜井さん、小幡さん、達です。
    2年前は戸島先生の 90才を祝う会 を開催しました。今までのクラス会で先生方をお呼びしたことは2~3回です。 不真面目な教え子達でしょう?

    作家 坂口安吾さんの息子の坂口君は新潟と東京を行ったり来たりの作家活動なので参加は あまりないです。  最近は出席するメンバーが決まってしまっているようです。
    我々も来年はナント 還暦を迎えますね・・・・・。  『光陰 矢の如し』ですね。


    猫ちゃんのことでのメールでなくてすみませんでした。実は私も猫好きで3年前に12年飼っていた猫を乳癌で亡くしました。 外猫も その年に相次いで亡くし 府中にある慈恵院には7~8匹 埋葬していただいています。

    長々とメールいたしまして申し訳ありませんでした。懐かしくて ついついロングメールになりました。     御元気で御活躍されますようお祈りいたします。
     ( これは あくまでも都倉様へのメールですので・・・宜しくお願い致します )

     2012-11ー16        株式会社 豊川製作所  初芝 幹子
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です