梅雨空

Pocket

関東地方は鬱陶しい梅雨の真っ只中ですが、台風の影響もあり各地で6月における過去の最多雨量を更新しているようです。

私の住んでいる横浜も20日は暴風に見舞われ大変でした。

昨日は一転台風一過で晴れ間も見えましたが、今日はまたじめじめした梅雨空に逆戻りです。

私は現在ブログを従来のように日々アップすることはしていませんが、中断してから多くのお便りを頂き、中には私の身体の具合を心配して下さるお便りも少なからずありました。

ご心配頂き有り難うございます。でも、お陰さまでとても元気にやっていますよ(笑)

日々アップすることを中断した主たる理由は、昨年より連載していました私の2008年8月から2010年12月までの闘病記『癌との闘い』の連載に一区切りがついたことと、私の健康の回復に伴い多くの活動を開始したことが理由ですが、今後とも闘病記以外の現在の日本社会が抱えているいろいろな政治、経済、文化、教育、国際問題他に関する私見は定期的に述べていこうと思っています。

現在行っている主たる活動は

*日々多いときは200通を超える相談メール及び個人もしくは小グループの悩みをもっておられる人たちとの面談。

*執筆並びに講演活動。

*健康の回復と共に広がった活動範囲の中で様々な企業、組織とのコラボレーション。

*私の敬愛する聖路加国際病院の日野原先生の主宰されている『新老人の会』をフェイスブックに連動させたSmartSenior Associationの代表世話人としての活動。

などが主たるものです。

7月には大小併せて10件を超える講演も予定されています。

これもひとえに天が新たな命とエネルギーを与えて下さったお陰と毎日ワクワクしながら過ごしています。

そういう意味では梅雨空も雨に濡れても私には関係有りません(笑)

”雨に濡れても”

一世を風靡したバラードを中心とした曲を作曲したバート・バカラックの1969年の名作です。

ポールニューマンと若かりし頃の当時まだ無名だったロバート・レッドフォードが出演して出世作となった

”明日に向かって撃て”

の主題歌としても有名です

http://www.youtube.com/watch?v=7kjIN5mEf44




都倉 亮 について

1953年生まれ。幼少の頃11年ドイツで過ごし、アメリカンスクールに学ぶ。慶大卒後三井物産に13年勤務。その後会社経営を経て現在執筆を中心に活動。日本の素晴らしい面、世界基準に変えねばならない面を長年の海外生活で培った目で発信して行きたいと思います。
カテゴリー: 日記 タグ: パーマリンク

梅雨空 への8件のフィードバック

  1. Gene Kelly のコメント:
    久しく見なかったブログ、やっと目にできて嬉しかったですよ。都倉さんの健康を心配する声も多かったようですが、私もその一人。あまり心配させないで!うっとうしい梅雨にあっても今の気分は晴なれや。都倉さん推奨の”Raindrops….”より、glorious feelingな今の私にはこの方がふさわしい。
    http://www.youtube.com/watch?NR=1&feature=endscreen&v=p7QL46cK7B8
    • 都倉 亮 のコメント:
      Gene Kelly 良いですね(^^)

      ご心配頂き有り難うございます。元気にしていますよ(^^)
  2. 桝谷敦子 のコメント:
    初めて、メールさせていただきます。
    ちょっとしたきっかけで、都倉様の本「諦めない生き方」、ブログを読ませていただきました。私も50歳をすぎ、友人であったり、お世話になった先生のご子息…癌を患っておられる方が増えてまいりました。先日、PTAで仲良くしていた一回りほどお若いママのメールで癌を告白され、本当にどうしていいのかわからなくて、軽々に声をかけていいものかと悩んでいた時に本を読ませていただきました。
    セカンドオピニオン、サードオピニオンと受けている友人に、是非本を読んでほしいと思いました。というのも読者に、色々な気づきを与え、また解りやすい内容で書かれているので今、どうすべきか、何が大切なのかという答が見つかるかもしれません。これからの治療に力を与えてくれるのではないかとそう考えたからなんです。

    今から、手術、放射線治療、抗がん剤治療の友人とどのように関わっていくべきなのか、よくわかりません。メールやお見舞いも迷惑なのか嬉しいものなのか、気を使わせたくないです。
    ひと月ほど前に気を使いすぎてお見舞いに行かずにいたテニス仲間が逝ってしまいました。あの時、あーしていたら良かった、こうしていたら良かったと…ずっと心に残っています。

    ブログの中にある懐かしい曲、すごく心癒されます。今日はブログが更新されてとっても嬉しくなってメールさせていただきました。ありがとうございました。
    • 都倉 亮 のコメント:
      お便りありがとうございました(^^)

      ブログは不定期にはなりますが書いてまいりますのでよろしくお願い致します。

      7月3日の講演はお時間がございましたら大病を患っていらっしゃるお知り合いもご一緒に是非ともお越しください。

      全て私の体験談に基づいたお話をさせていただきます。
  3. 大間知 総一郎 のコメント:
    本日は、有意義な講演を聴かせて頂き有難うございました。

    明日への希望は、心安らかに微笑む事から生まれる。これまで窮地に追いこまれた時は、
    そんな余裕はありませんでした。でも結果は別として、それでは運気は好転しないのですね。
    今後のご健闘を祈ります。(くれぐれもお体は大切に。)
    • 都倉 亮 のコメント:
      昨夜は講演会にお越しくださり有り難うございました。

      今まで頭の中でしか理解していなかったことを身体で実感することにより道はひらけるのだと思います。

      余裕がある時にはそんなことは起こりませんよ(笑)
  4. 松澤昭史 のコメント:
    今日届いた「新老人の会8」の日野原先生のメッセージで都倉亮さんのことを知りました。
    何回もの病魔と闘って克服される姿に本当に感動させられました。
    私も8年前の大腸、4年前の胃(2/3)、今年の5月膵臓の一部と胃の全摘手術を受けました。抗ガン剤を受けながら、徐々に社会復帰と考え、コンサルタントの仕事をぼつぼつと始めています。早速闘病記を購入したいと思います。
    先ずはメンタルの面で克服していきたいと考えていますので、今後ご指導をいただければと存じます。
    酷暑の折、くれぐれもご自愛ください。
    • 都倉 亮 のコメント:
      有り難うございます。

      拙著を通して少しでも希望を失っている方々の支えになれれば幸いだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です