『殿』と『様』

Pocket

過日東京在住の親しい外国人と会話した際に面白い質問を受けました。

非常に日本語に堪能な男性ですがやはり日本語という言葉は奥を極めようとするととても難しい言葉なのだと改めて思いました。

因みに、日本語の会話自体は完璧を期そうとしなければさほど難しい会話とは思いませんし、その男性も日常会話や通常の読み書きは出来るのですが、時折外国人から受ける日本語に関する質問には私自身考えさせられることがあります。

彼の質問は次のようなものでした。

手紙やメールで相手の宛名を書くとき『・・殿』がいいのか『・・様』がいいのかという質問でした。

私は、今は一般的に『・・様』が使われている頻度が高いと説明しましたところ、まず日本人だと先ず考えないであろう外国人ならではの質問を受けました。

本人曰く

『私は「・・・殿」の方が丁寧だと思います。なぜなら「貴殿」という言葉は目上に対して用いる言葉ですが「貴様」という言葉は相手を罵る時に使う言葉ですよね』

と。

『確かに・・・・』

思わず一瞬考えました。

貴殿も貴様も、漢字を見ると丁寧で元々は相手に対して尊敬の気持ちを含めて用いた語です。

しかし、方言は分かりませんが標準語で日常的に使われる場合は『貴殿』は相手を敬う語ですが『貴様』という言葉には相手を敬う意味は含まれませんよね。

寧ろ、私に質問をした外国人男性のいうように相手を罵る場合のみに使われると言っても過言ではないでしょうか?

因みに、私個人は『貴様』という言葉を使った記憶は皆無です。


確かにビジネスレターなどで相手のことを『貴殿』と書く事は一般的ですが、『貴様』と書いたら商談は破談になる可能性大ですよね(笑)

同様に外国人から良く受ける質問は日本人に良く

『先生、社長、先輩』

と呼ばれる理由です(笑)

これは、以前『社長と先生が世界一多い国』という内容のブログを書いたことがありますが、確かに日本に於いては相手の名前を失念した場合

『先生、社長、先輩』

と状況に応じて使い分ければ無難に乗り切れるケースが多いですね(笑)


これはひとえに日本語という言語は私が知っている西洋の言語に比べて主語が曖昧でも通じる言語だからだと思います。

曖昧といえば、日本では日本人同士でも西洋社会と比べるとわざと言葉をぼかして意味を曖昧にすることで関係が無難に成り立ってしまう社会だと思います。

これは長い単一民族の歴史の中で、はっきりと言わず意味をぼかしておいて相手側に『行間を読み取らす』、『言外の意を汲み取らせる』言わばアートとも言える表現方法ではないでしょうか?

そう言う意味で、意味をぼかすために便利な言葉が『カタカナ』なのです。

私が相談を受ける企業の中にはIT関連企業が幾つかありますが、若い社員のプレゼンはとても流暢ですが、そこで使われている多くの言葉は『カタカナ用語』です。

私は良く使われた『カタカナ用語』の意味を日本語で説明して欲しいと要請しますが、殆どの場合それに対応する日本語の説明ができないのです。

そうすると、その人間はどの言語でどういう風にその用語の意味を理解しているのか疑問に思います。

詰まり、言葉というのは

『定義となる意味が共有されていないと』

それぞれが勝手な理解をし始め収拾がつかなくなります。


日本では特に政治の世界でその傾向が強く、政治家としての最重要事項は

『自分の言葉を民衆に理解させることなのではないのか?』

と疑問を持ちます。

『マニフェスト(政権、選挙公約)』『戦後レジーム(体制)からの脱却』

などなど上げれば枚挙に暇がありません。

まあ、政治の世界ではカタカナ用語を借りるまでも無く

『是々非々』『粛々』

など日常的には全く使わない言葉が反乱しています。

亡父が生前よく連れて行ってくれた神奈川県のゴルフ場の食堂である時元首相と閣僚経験者が顔を合わせた時、元首相が

『やあ、やあ、やあ、やあ』

と言ったら、元閣僚が

『どうも、どうも、どうも、どうも』

と答えていました。


日本人同士ではなんとなく成り立ってしまう遣り取りですが、もしその場面を外国人が見ていて私に訳してくれと頼まれたら困りますね(笑)






都倉 亮 について

1953年生まれ。幼少の頃11年ドイツで過ごし、アメリカンスクールに学ぶ。慶大卒後三井物産に13年勤務。その後会社経営を経て現在執筆を中心に活動。日本の素晴らしい面、世界基準に変えねばならない面を長年の海外生活で培った目で発信して行きたいと思います。
カテゴリー: 国際交流 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です