月別アーカイブ: 2011年12月

忘れてはいけないこと

企業のさまざまな不祥事に関する事件は政治家の失言と相並ぶ日常的なこととなり、国民もさもあらんとちょっとしたことでは驚かなくなり、事件も時を経ることなくなく短期間で風化してしまいます。 日本人は良い意味でも悪い意味でも 『 … 続きを読む

カテゴリー: ビジネス | タグ: | 1件のコメント

質問に対する回答

本日のブログは、お便りを頂いている現役の学生や入社数年して、自分の今後の進路や日本の将来に関して問題意識を持っている方々の質問に対して、可能な限り私なりの考えを述べる場にさせていただきたいと思います。 皆さんがたの個別の … 続きを読む

カテゴリー: 文化 | タグ: | コメントする

帰宅なう

このご挨拶は本当は昨日のお昼に出したかったのですが、末っ子のシンバとのツーショットが夕方まで撮れませんでしたので一日遅れのご挨拶になりました。 昨日退院しました。

カテゴリー: 日記 | タグ: | コメントする

The Battle Against Cancer-11(The attitude of the other medical department)

The painful dizziness and faint had often occurred and as I had passed away once in a while, in the evening wh … 続きを読む

カテゴリー: The Battle Against Cancer | タグ: , , , , | コメントする

あるおばあさんとの出会い

そのおばあさんとの出会いは突然且つ私にとってはショッキングな出会いでした。 私の入院している病院では、各フロアに浴場が二つあり、一人が30分利用できるように予約制になっています。各位自分の予定に合わせて入浴時間を風呂場の … 続きを読む

カテゴリー: 日記 | タグ: | コメントする

一番期待する人

私は日本で一番期待する人は誰かという問いに対して、間入れず聖路加国際病院の日野原重明理事長だと答えています。 『えっ、今年100歳になられた日野原先生のことですか?』 と聞かれることもありますが、 『そうです。今年の10 … 続きを読む

カテゴリー: 教育問題 | タグ: | 2件のコメント

The Battle Against Cancer-10(2008 Year end)

連載しています『癌との闘い』は水曜日が日本語、土曜日が英語で投稿していますが、前回間違えて土曜日も日本語で投稿してしまいました。 それゆえ、今週は水曜と土曜と英語で投稿させて頂きます。

カテゴリー: The Battle Against Cancer | タグ: , , , | 2件のコメント

致命的でない?

今回の発熱による緊急入院は、手術痕の内部の肉と肉がくっついていない空洞に溜まっているリンパ液を外に排出する為に傷口に挿入していた、直径一ミリのチューブから細菌感染したことが原因だったという可能性が高いとう所見でした。 一 … 続きを読む

カテゴリー: 日記 | コメントする

すみません

12月7日から突然前触れもなくブログを休止し、いろいろご心配をおかけしてすみませんでした。 いろいろな方々に中継基地になっていただき、必要最小限度の連絡をする努力は致しましたが、高熱のため12月6日の夜から緊急入院してい … 続きを読む

カテゴリー: 日記 | タグ: | 6件のコメント

調剤薬局

日本の薬局は大きく分けて保険薬局、基準薬局、病院の薬局があります。 保険薬局とは一般的にいう『調剤薬局』でいろいろな医療機関から発行された院外処方箋を受け付けて調剤を行う薬局です。 基準薬局とは日本薬剤師会が定めた基準を … 続きを読む

カテゴリー: 健康 | タグ: | コメントする