一時帰宅

Pocket








昨日一時帰宅しました。

理由は、一昨日化学療法の3週間の第一クールが終了し、31日に雑誌の取材を受けるためにその準備の為に帰宅したのです。

たった一泊で今日また病院に戻り、放射線治療は土日、祭日しか休みが無いので、明日31日の朝に放射線治療を受けた後取材地に向かいます。

しかし、昨日帰宅したら三匹の猫がそれぞれの流儀で私を迎えてくれました。

長男のウィンは直ぐに出てきて親しみを示してくれました。長女のジョイは相変わらず控えめに遠巻きに私のことを見ていて徐々に近づいてきて撫でさせてくれました。問題は次男のシンバでした。最初は私の顔を見るなり逃げるように遠ざかり、私が撫でようとすると逃げたりしました。

しかし、帰宅して昼食を終え少し休もうとしたら、先ずはシンバが私のベッドに飛び乗ってきて甘え始めました。暫くするとウィンが珍しく寝ている私の体の上に乗ってきて甘えてきました。シンバは既に後ろで寝ているのです(笑)

私とウィンとシンバとのツーショット、スリーショットの写真はご覧の通りですが、可哀想なのはおしとやかなジョイでした。私のベッドの側に来るのですが、シンバがいるので遠慮してベッドに乗って来ないのでツーショットは撮れず廊下の椅子に座っている写真しか撮れませんでした。

たった一泊の滞在でしたが、思わぬ子供たちの歓迎を受け、ゆったりとした満たされた気持ちになりました。

間違いなく病院で一日過ごすよりエンドルフィンも豊富に分泌され免疫力も高まったと思います(笑)

予定外の歓迎に時間がかかったため、31日の取材の対談のメモの仕上げの最終準備を開始するのが遅れてしまいましたが、これだけ満たされた気持ちにして貰ったので良い準備が出来ると思います(笑)

原稿書きに一段落が付き、病院では早い時間に就寝していたので昨夜も早めに寝ようと思いました。すると、なんととシンバとウィンが私のベッドを占領していました。ジョイは控えめにいつもの自分の定位置で寝ていました。

「まあ、いいか」

と思って原稿を書き続けました。お陰で心が満たされた気持ちで更に対談メモの原稿を書き進めることができました(笑)

都倉 亮 について

1953年生まれ。幼少の頃11年ドイツで過ごし、アメリカンスクールに学ぶ。慶大卒後三井物産に13年勤務。その後会社経営を経て現在執筆を中心に活動。日本の素晴らしい面、世界基準に変えねばならない面を長年の海外生活で培った目で発信して行きたいと思います。
カテゴリー: ペット タグ: パーマリンク

一時帰宅 への2件のフィードバック

  1. Rumiko のコメント:
    いい写真ですね。3匹の猫達と、都倉さんがとても幸せそうです。
    • 都倉 亮 のコメント:
      とても癒されましたよ(笑)

      るみ子さんも日本からの一時帰国で米国に戻った時、二匹の愛犬にかんげいされたんじゃないですか?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です