お留守番

Pocket

入院しているときに気になっていたことがいろいろありましたが、そのうちの一つは我が家の猫たちのことです。

なぜなら、食事やトイレの世話は家内がして問題はないと思いましたが、ウィンはテリトリーが二階の家内の部屋なのですが、ジョイは私の部屋をテリトリーにしていて寝るときは必ず私の部屋の隅っこで寝て、シンバは気が向いたら私のベットに飛び乗ってきて私の上に乗って寝たり枕もとで寝ていたからです。

きっと二匹とも私がいなくてさみしい思いをしているのではないかと、病院のベッドの上で思っていましたが、過日家内がメールしてくれた写真を見るとさみしい思いをしていたのは私だけだったようです。

写真は猫たちの朝ごはん前の写真だそうですが、家内が

「ごはんですよ」

と知らせると、写真の様にシンバが私のベッドの毛布の中から眠そうな顔で出てきているところです。それを姉のジョイが見守っているのですが、ジョイは私がいなくてもやはり毛布の中には入らずにいることを知りました。女の子でおしとやかなのです(笑)

病院には本を多く持ち込み中には入院中に読むには適さない暗めの本もありましたが(笑)、こういう写真を見ると何とも言えず癒され一日ほのぼのとした気分になります。

恐らく頭の中で気持ちをリラックスさせてくれるアルファー波が出まくってくれているのでしょう(笑)

都倉 亮 について

1953年生まれ。幼少の頃11年ドイツで過ごし、アメリカンスクールに学ぶ。慶大卒後三井物産に13年勤務。その後会社経営を経て現在執筆を中心に活動。日本の素晴らしい面、世界基準に変えねばならない面を長年の海外生活で培った目で発信して行きたいと思います。
カテゴリー: ペット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です