定期健診

Pocket

最近大病を患った方若しくはその後家族のご相談を受ける機会がとても増えました。

日々ブログで健康のことを中心に情報配信していること、毎週水曜日のブログには 『癌との闘い』 という表題で 癌との闘病記を連載していることもありますが、 全国的な月刊誌『いきいき』で 私の闘病に関する記事を取り上げてもらったことも大きな要因だと思います。

私自身が 癌の体験者なので癌に関する相談が一番多いですが、癌は今や一生のうちに三人に一人以上が何らかの形で関係する病気で決して特別な病ではありません。しかし、いろいろ相談を受けると癌を患う人達の中にやはり 癌は不治の病 という考え方が根強く残っていることを感じます。

癌は確かに一筋縄ではいかない厄介な病気であることには疑いの余地がありません。

私の場合は2008年8月に発見された癌が、中咽頭から左首リンパ節に転移した非常に進行したレベル4の進行癌で、放射線・抗癌剤の併用治療、手術と癌の三大治療を全て受けましたが、二年間の間は転移再発する確率が80%以上で三回目の正月を迎えることも微妙だと言われました。

お陰さまで最大リスク期間は無事乗り越えましたが、現在も経過観察の身です。

私からのアドバイスは、

*先ずは定期診断は出来るだけまめに受けると言うことが絶対です。

*そして、そこで要検査という診断が下されたら、必ず二次検査を行うことです。

統計によると定期健診で要検査と診断された人達の多くが二次検査を受けていないことが判明しています。

二次検査は疑わしい箇所をより詳細な検査をしますので、悪い病気の発見される確立はとても高まります。

癌も早期発見されれば怖い病気ではありません。 しかし、放っておくととても厄介な病気です。

備えあれば憂いなし。

日本は世界でも類を見ないいろいろな種類の国民の為の健康診断が充実した国です。

この素晴らしい制度を是非無駄にすることなく有効利用することを勧めます。

最後は天命に委ねるとしても、後から後悔しないためにも自分で出来る自己防衛は可能な限り行うべきです。




都倉 亮 について

1953年生まれ。幼少の頃11年ドイツで過ごし、アメリカンスクールに学ぶ。慶大卒後三井物産に13年勤務。その後会社経営を経て現在執筆を中心に活動。日本の素晴らしい面、世界基準に変えねばならない面を長年の海外生活で培った目で発信して行きたいと思います。
カテゴリー: 健康 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です