国際スポーツ大会

Pocket

現在韓国テグで世界陸上が開催され、今日から なでしこジャパンの ロンドンオリンピックに向けた最終予選が始まり、スポーツ好きの私には目の離せないイベントが次から次へ開催されとても楽しみです。

特に今年の夏は6月から始まった女子ワールドカップで なでしこジャパンが 世界チャンピョンになって以来、それまで男子サッカーの影に隠れていた女子サッカーが一躍脚光を浴びるようになったことはとても喜ばしいことだと思います。

男子サッカーに比べ自己アピールする選手やファールも少なく、プレーの連続性が保て本来のサッカーの姿に近いのではないかと思います。恐らく今回のなでしこの活躍を観て 女子サッカーファン になったのは私だけでは無いと思います(笑)

なでしこジャパンの活躍に次いで 世界水泳での日本選手の活躍、世界陸上での室伏選手の金メダルなど、今年になって暗いニュースが多く余り嬉しい話題が無かった日本に、理屈抜きで元気を与えてくれていると思います。

本当にさまざまなスポーツのイベントを中心に満喫した夏でした。

私は2008年8月に 中咽頭癌が左首リンパ節に転移したレベル4の進行癌 が発見され、放射線・抗癌剤の併用治療に続き左首リンパ節を摘出する手術を受けましたが、その後の二年間はほぼ毎月身体のいろいろな部位に転移の疑いが出て、その都度精密検査を行うことの連続でした。

心身とも疲弊しきって、昨年の夏には体重が15キロも減りベッドから起き上がれない日もありました。 死が手の届くところに見え 家族に対しても遺言状を書いたほどでした。

ひとつずつ自分の興味のあったものに対して興味を失って行きました。そして物事に対する希望と欲もひとつずつ失っていきました。

そしてつくづく思いました。

『こうして人はひとつずつ希望と欲を失っていき、最後に 生きることに対する希望と欲を失ったら 人間は息を引き取るのだ』

と。

それが一年後には このように元気ハツラツ 皆様に情報配信しているのです(笑)

今年になっていろいろな人、組織から 私の体験談を聞きたいという 要請が増え、私も出来る限り 大病に苦しんでいる方々やそのご家族の支えになれるように したいと思っていろいろ活動しています。

9月10日発売の月刊誌 『いきいき』 に私の記事が四ページに亘り掲載されます。

編集者とライターの方が私の 闘病体験を中心に とても素晴らしい記事を書いて下さいました。

残念ながら『いきいき』は契約購読誌で書店販売はしていませんので、手元に届きましたらその内容をブログでもご紹介させて頂きたいと思います。

都倉 亮 について

1953年生まれ。幼少の頃11年ドイツで過ごし、アメリカンスクールに学ぶ。慶大卒後三井物産に13年勤務。その後会社経営を経て現在執筆を中心に活動。日本の素晴らしい面、世界基準に変えねばならない面を長年の海外生活で培った目で発信して行きたいと思います。
カテゴリー: スポーツ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です